歌手、介護士、元銀行員…過酷な選挙なぜ出馬? 都知事選に挑む人たち
人口約1400万人の首都・東京のかじ取り役を選ぶ都知事選が始まった。2003年以降の当選者がいずれも200万票以上を獲得しており、全国的にも当選のハードルが極めて高い選挙のひとつに数えられる。現職の小池百合子氏(67)を含め立候補したのは22人。過酷な選挙に挑む人たちはなぜ名乗りを上げ、何を訴えるのか。一定の票を獲得できない候補には供託金300万円が返還されない結果も待っている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5d40dd3fc0e2a963f1181ce77d844da5f41d3cc

これ立候補するのはいいけど、今のこの状況でも街角演説とかするのでしょうか?
また、投票もまだ紙なのか?

いい加減このコロナ状態を気にネット投票に変えた方がいいですよね。
一体日本の政治家は何を考えているのやら?